プロフィール

医療法人親仁会  薬学生担当 横山

Author:医療法人親仁会 薬学生担当 横山
医療法人親仁会で2015年3月から薬学生担当(現在は医学生担当も兼任)をさせて頂いております。
弊会の医療活動に興味を持って頂ければ幸いです。
現在、薬剤師さん(新卒・既卒問いません)を募集中です。
2016年3月にリニューアルオープンした米の山病院を是非見に来て下さい!

最新記事

月別アーカイブ

現在の訪問者数

アクセス数(2016.8.22~)

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本地震の支援に行ってきました

はじめに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

今回の地震を受け、横山を含む6名の職員が4/16(土)から親仁会の支援第一陣として熊本に入りました。
熊本民医連の災害対策本部となっているくわみず病院を拠点に幾つかの医療機関と益城町に伺いました。

菊陽病院での配膳の様子
入院患者さんへの配膳の様子です。エレベーターが使えないため、人海戦術で上層階に食事を届けます。

菊陽病院 水の掻き出し作業
地震の衝撃でスプリンクラーが作動したため、食堂から水を取り除く作業をしているところです。浸水した部屋は他にもあり、下の階にも漏れていました。

菊陽病院 図書室図書室の本棚がなぎ倒されています。

菊陽病院 医局菊陽病院の医局です。地震発生時にこのソファーで仮眠をとっている人がいたとしたら大変なことになっていたと思います。

みさき病院・くろさき苑からの支援物資4/17(日)。断水に加え、食材の供給も難しい状況でした。親仁会の仲間が水・米・野菜などを満載した3台の車で駆けつけてくれました。

菊陽病院東館4F 軽運動室軽運動室の天井部分が広範囲に渡って落下していました。壁の落下もあちこちに認められ、余震が心配されます。

益城町②4/19(火)に訪れた益城町は更に甚大な被害を受けていました。手前の家屋は原型をとどめていません。

一部ですが、滞在中の状況をご報告いたしました。
現地の様子を目の当たりにし、今後も継続した支援が必要だと感じました。










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。